上田ホット倶楽部

主に長野県上田市で演奏活動をする熱心なローカルジャズ愛好家たちの演奏予定だったり活動レポートだったり

2017年01月


今年もいつものように機材をセットし

20170121_173322

歌ものだけ『ざっくりと』リハーサルをし



コーヒーを飲んで

images (30)


本番に臨む!

16237304_1061510593975999_750352712_n

年は変わってもローカルジャズの音楽に向かう姿勢は変わらず、ぶれず

『たね蒔くカフェ 松尾町ジャズコーナー』としては初日の1月21日、だいぶ雪も積もって寒さも厳しかったですが、熱心なローカルジャズ愛好家協会上田支部の皆様と共にいつものように楽しんだ一夜でした

この夜のメンバーは

16215641_1298433263551850_323504559_n

出口博康(ドラムス)

16216410_1298433536885156_1393541547_n

滝沢健一(キーボード)

16215778_1298433253551851_599162608_n

渋沢貴(サックス)

16176628_1298433613551815_557282334_n

布施隆二(ベース)

20170121_181912

高橋Ruri(ボーカル)

16237040_1298433563551820_1635726980_n

片桐秀樹(ギター)

楽器撮影は布施さん、ありがとうございました

機材撮影の好きな人がジャズコーナーには多いですね~

(気持ち、わかります)

それにしても、布施さんはこの日も絶好調

もともとアドリブソロが素晴らしかったんですが、曲全体でも支配力が発揮されるようになり

頼もしいことこの上なし!

今が旬のベーシストかもしれませんぜ…。

さて、気になる来客数ですが…、

6名。通算で19名!

そして、こちらも目が離せない応援募金ですが…、

1700円。通算で6300円!
20170124_210614

ありがとうございました!

次回は2月4日

2月全体のスケジュールは後ほどお知らせします

ジャズコーナーで会いましょう!


















 

このところ『風邪っぴき』が増えてます

ダウンロード (49)


皆様、ご用心くださいね

寒い日々が続きますが、みんなで集まって何か飲み食いしながら、ジャズの生演奏なんか楽しみながら過ごせばいつの間にか春がやってきますよ。

さて、今週土曜日の『たね蒔くカフェ 松尾町ジャズコーナー』

出演予定は以下の通りです。

高橋Ruri(ボーカル)
渋沢貴(サックス)
滝沢健一(ピアノ)
布施隆二(ベース)
出口博康(ドラムス)
片桐秀樹(ギター)

布施隆二さんは昨年末に行われたジャズ・コンペティション『渋沢杯』において、ベストサポート賞を受賞したばかり!

隠遁生活の最中に鍛えたリズム感でバンドをご機嫌にプッシュします

乞うご期待!

開演は午後7時

ミュージックチャージは無料ですが、お一人様最低1000円以上のご注文お願い致します。

ジャズコーナーで会いましょう!







 

『達磨の目』は左右どちらから入れるのが正しいか?

images (29)


生きていくうえでそこそこ役に立つ『Yahoo知恵袋』で調べてみましたら、地方や願い事で様々ですね!

ダルマの目はどちらから塗るのか?

上田は確か、『向かって左が先』だったような…。

寒波襲来で街じゅう凍みていた1月14日は、上田市の伊勢宮大神宮で『おたや祭り』が開かれてました

isegu-otaya

たくさんの達磨が売られていて、商売繁盛だったり五穀豊穣だったりを願う人々が参拝に集うんですが、行かれた方の話だとちょっと参拝客が少なかったようです

この時期、上田市は他にも国分寺の『八日堂縁日』があったりして(こちらの方が有名、毎年凄い人出!)、影が薄いのかもしれません

その伊勢宮さんにほど近いCafe Little Matildaでも今年一発目の『Jazz77night』が行われました

一年を占う大一番!

最初は2名様だけで、『ううむ…。』という感じだったんですが

東京からのご夫婦のお客様の来店をきっかけに段々と

ついでに、たまたま『おたや祭り』帰りの友人を呼びこんじゃったりなんかして

若くてきれいな女性グループのお客様もきちゃったりして

結果、楽しい夜となりました!

これはつまり

『後に行くほど楽しくなる。まあ、今年もコツコツやりなされ』

という御宣託でしょうか

ところで、演奏写真ですが

ボーカルのLove-res Ayaさんが出待ちの時に撮ってくれたというのでメールで送ってくださいとお願いしたんですが

1837399110

この一枚のほかに何故か、演奏とはあまり(全然)関係ない写真も送られてきたんですね

つまり

『良く撮れたからこれも載せろ』

って御宣託でしょうか

912828103

はい、載せました

他のメンバーは

布施修一郎(サックス)
加藤春樹(ベース)
片田哲章(ドラムス)
片桐秀樹(ギター)

でした

さて、気になる来客数ですが…、

13名。通算で13名!

そして、こちらも目が離せない応援募金ですが…、

4600円。通算で4600円!

(年度替わりなので、数字はリセットです)

20170115_232618

ありがとうございました!

次回は1月21日

場所は『松尾町フードサロン』です。

開演は午後7時

ジャズコーナーで会いましょう!

















 


昨年末のことですが

20161229_135901

今まで『ジャズコーナーの軍馬』として活躍してきたリムジンが引退の運びとなりました

20161229_135939

左リアのショックアブソーバーが取り付け部から剥ぎ取れてますね!

これでは危険です、走れません。

20150620_111619

でかい荷物やこの二人を運び続けていたからこうなったわけではありません

過去に派手に追突をされているので、その影響でしょう

タント号、いままで本当にありがとう!(涙)

さて、今年のスタートを気持ちよくきりたい1月14日の『Jazz77night at cafe Little Matilda』

出演者は

Love-res Aya(ボーカル)
布施修一郎(サックス)
加藤春樹(ベース)
片田哲章(ドラムス)
片桐秀樹(ギター)

でお届けします

機材は歩いて運びます

嘘です

ミュージックチャージは無料ですが、お一人様最低1500円以上のご注文お願い致します。

ダウンロード (48)


いっそのこと景気よく1500万ドルくらい使っていただいてもかまいません!

開演は午後7時

Jazz77nightで会いましょう!














 

年末の演奏、楽屋でこのような話題がでました

images (26)


『年の始まりは1月1日。だが、会社や学校なんかだと年度の始まりは4月1日。なぜ2つも始まりが必要なのか?』

images (28)


生きていくうえでそこそこ頼りになるWikipediaが即座に謎を解明してくれました。

会計年度を例にとれば、そもそもは明治維新での経済の混乱(新国家としてやらなきゃいけないことが山積みなのにお金が無い状態)をへて明治19年から酒造税(笑)の納期にあわせて『4-3月制』が導入されて、それ以来だそうです。

ダウンロード (46)

『年度』というのもジャンルによって様々らしく、各種農作物や工業製品毎にきまっているらしいです

(考えてみれば、収穫時期が違うんだから、ごもっとも)

『ジャズ年度』なんてのはありませんが(そもそも必要ない)

ですが、『たね蒔くカフェ 松尾町ジャズコーナー』と『Jazz77night at Cafe Little Matilda』的には収支の報告をしなければならない関係上、必要です。

前回は2016年9月30日に『上期決算』として行いましたが、『金額が少ないんだから年に2回も必要ないし、シンプルなやり方のほうが良い』と判断して

ローカルジャズ年度は『グレゴリオ暦で1月‐12月、収支報告は年度につき一回』と制定いたします!

ということで、あらためまして

ローカルジャズ2016年度の会計報告を発表いたします(かえって紛らわしくなってきたような気が…)

ローカルジャズ応援募金を開始した6月から

65,030円の寄付をご来場の皆様より頂戴いたしました

ダウンロード (47)

ありがとうございました!

続きまして、支出をご報告いたします

募金の運用を始めました7月から12月17日までの著作権使用料の合計は

23,490円

となります

続きまして、会場である『松尾町フードサロン』の会場使用料は

33,000円

となります

合計しまして2016年度の支出は

56,490円

繰越金は

8,540円

となります



ここに、ご協力頂きました皆様への感謝の気持ちとともに現収支を報告いたしました

私見ですが、前回報告から繰越金があまり変わってない、というのもスゴイな。と…

(超低空飛行を続けるのも結構な技術?が必要です)

もっとも、アマチュアのイベントが儲けていてはいけませんしね



 

このページのトップヘ